熊谷産業株式会社は 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

物流業界におけるSDGs

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称。
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。サステナビリティという新しい概念を取り入れた経済的枠組みへ、いま総合物流の進化が期待されています。

熊谷産業株式会社では企業活動を通じて、働くヒトを中心と考えるホワイト物流の強化、DXを推進しICTテクノロジーの積極的な導入、物流プロセスにおけるエネルギー効率化により環境負荷の低減や削減など、SDGsに配慮した取り組みにより持続可能な社会を実現出来るよう、社員一丸となって取り組んで参ります。

物流業界と関連するSDGs

設備や施設における省エネルギーの取り組み例として、輸送機器や物流施設のグリーン化、CO2を排出しないLEDや再生可能エネルギーの導入があります。
また、事業活動を通じて排出される包装類について、使い捨てではなく繰り返し使える資源循環を促進し、3Rから新たな5Rへ転換して参ります。
夏場は空調による電力を補助するためグリーンカーテンを植樹。昨今の急激な気候変動などによる災害に備えBCP体制も強化しています。

埼玉県環境SDGs取組宣言

低炭素物流の推進
トラック輸送の効率化と共同配送の推進
物流拠点におけるLEDや太陽光発電設備での省エネ化
2050年カーボンニュートラル実現に向けて邁進いたします

ホワイト物流推進運動

「ホワイト物流推進運動」とは、深刻化するトラックドライバー不足の解消と安定した物流の確保、経済成長の実現を目的にした運動です。
これらの課題を解決するために、輸配送事業者による生産性向上・業務効率化の推進だけでなく、荷主側企業も協力し、商慣行の見直しを含めた物流効率化の推進、女性や高齢者も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現が推進されています。
業界の商慣行や自社の業務プロセスの見直しによる生産性の向上を図ります。
物流の効率化による二酸化炭素排出量の削減を推進します。
事業活動に必要な物流を安定的に確保します。
企業の社会的責任の遂行を遵守します。

お気軽にご連絡ください

お問い合わせ